セミナー詳細

文明の踏み分け道で考える――太田昌国と現代社会を語る 第3回 携帯電話は何でできてる?――資源と植民地問題を考える

太田昌国

宗主国と植民地、先進国と発展途上国、工業国と資源産出国、制度や言い方は変わっても、国・地域間の経済的な格差、ヒト・モノ・カネの不均衡な流れは揺るぎなく存在しています。現代の技術文明を根底で支える資源(素材・エネルギー・労働力)の移動はいつ、どのように始まったのか。欧・米・日の「列強」を植民地獲得に駆り立てた20世紀前半の考え方は、いまの私たちにどのような影響を及ぼしているのか。「大航海時代」を起点に現在の世界の状況を捉え、さまざまな問題提起を続けてきた太田昌国さんとともに考えます。

  • 出演

    太田昌国

  • 日時

    2013年7月18日(木) 19:00-21:00 ※終了しました

  • 会場

    クラブヒルサイドサロン(ヒルサイドテラスアネックスB棟2F)

  • 定員

    30名

  • 会費

    一般 1,500円 クラブヒルサイド会員・学生 1,000円

  • 主催

    「太田昌国と現代社会を語る」実行委員会 越後妻有こへび隊有志

  • 共催

    クラブヒルサイド

太田昌国 プロフィール
1943年、北海道釧路市生まれ。東京外国語大学ロシア科卒業(19世紀ロシア文学、20世紀ロシア社会革命史)。1973年から76年にかけてラテンアメリカを旅する。帰国後、「シネマテーク・インディアス」として、ボリビア・ウカマウ映画集団作品の自主上映といくつかの作品の共同制作を実現。1980年代半ばから、現代企画室の編集者として、第三世界の歴史・思想・文学、世界と日本の民族問題、フランス現代思想などに関連する書籍の企画・編集を多数手がける。また執筆・講演などを通じて幅広く意見を発表し続けている。主著に『鏡としての異境』(影書房)、『「ペルー人質事件」解読のための21章』(現代企画室)、『日本ナショナリズム解体新書』(同)、『「拉致」異論』(太田出版、現在河出文庫)、『チェ・ゲバラ・プレイバック』(現代企画室)、『新たなグローバリゼーションの時代を生きて』(河合文化教育研究所)、『テレビに映らない世界を知る方法』(現代書館)、訳書にチェ・ゲバラ『マルクス=エンゲルス素描』(現代企画室)など。

予約・お問い合わせ

イベント

  • セミナー&イベント一覧
  • セミナーシリーズ一覧
  • 過去開催されたイベント
  • セミナー&イベントレポート

クラブヒルサイドサロン

クラブヒルサイドサロンはクラブヒルサイド会員のためのスペースです。交流と活動の場としてご利用ください。

詳細を見る

ヒルサイドライブラリー

ヒルサイドライブラリーは、クラブヒルサイド会員のための私設図書室です。各界で活躍する“目利き”が選んだ蔵書が収められた美しい空間で、思い思いの時間をお過ごしいただけます。

詳細を見る

100人の目利き

ヒルサイドライブラリーの “目利き”たちは、文学、美術、建築、まちづくり、デザイン、思想、科学、経済、ジャーナリズム、音楽、ファッション等、さまざまな分野の第一線で活躍されています。

詳細を見る

メールマガジン

クラブヒルサイド主催のセミナーやイベントの他、ヒルサイドテラスの展覧会やコンサート、イベントなど、最新情報をお届けいたします。

詳細を見る

ページの先頭へ

twitter