セミナー詳細

ヒルサイドテラスの“住人”たち Part3 第7回 「キギのこれまでとこれから」 植原亮輔+渡邉良重/キギ(アートディレクター)

キギ

「木をクリエイティブの象徴とし、やがて森にしていきたい」という想いを込め新会社「キギ」を立ち上げ、2012年夏、ヒルサイドテラスの”住人”となられた植原亮輔さんと渡邉良重さん。グラフィック、プロダクツ、ブランディング、絵本――ため息がでるほど美しく、どこの国でもない、どこの時代でもない、でもどこかなつかしく新しい、その計算しつくされた作品世界を目にした時、これをつくった人たちは、何を見、何を感じ、どのように育ち、生きてこられたのだろう、と思うのです。お二人にお話をうかがいながら、その奥深いデザインの森を皆さんとさまよいたいと思います。

  • 出演

    植原亮輔+渡邉良重/キギ(アートディレクター)

  • 日時

    2013年2月13日(水) 19:30-21:00 ※終了しました

  • 会場

    ヒルサイドフォーラム(東急東横線代官山駅より徒歩3分)

  • 定員

    70名

  • 会費

    一般2,500円 クラブヒルサイド会員/学生1,500円(ドリンク付)

  • 予約

    ※定員に達したたため募集受付を終了しました。ありがとうございます。

キギ 植原亮輔/渡邉良重 プロフィール
企業やファッションブランド、セレクトショップ等のブランディング及びアートディレクション、D-BROSをはじめとするプロダクトデザインを手掛ける。D-BROSのビニール製フラワーベース「hope forever blossoming」は、二人の代表作の1つ。主要美術館のミュージアムショップをはじめ世界中で販売され、2003年の発売以降毎年新シリーズの発表を続ける。植原はTHEATRE PRODUCTSの仕事で第十一回亀倉雄策賞を、渡邉は絵本『BROOCH』(文・内田也哉子)がNY ADCやONE SHOWでGOLDを受賞。国際的に主要なデザインアワードを多数受賞し、それぞれの作品が国内外で高い評価を受ける。近作に、文化施設「クレマチスの丘」10周年記念、SANYO「2012 WINTER COAT CAMPAIGN BY SANYO」、那須「森をひらくこと、T.O.D.A.」、通年でグラフィックのアートディレクションに携わる「PASS THE BATON」の新商品デザイン、ラッピングとD.I.Yをテーマにしたショップ「WRAPPLE」など。2012年5月に「キギ」展(ギンザ・グラフィック・ギャラリー)を開催し、作品集『キギ・KIGI』(リトルモア)を出版。ヴァンジ彫刻庭園美術館10周年記念展「庭をめぐれば」に作品「時間の標本」を出展。2012年10月、渡邉の新作絵本『ジャーニー』(リトルモア)が刊行。http://ki-gi.com

関連展示

続・キギ展 集合と拡散
TKIGI Exhibition - Implosion and Explosion -

お問い合わせ

イベント

  • セミナー&イベント一覧
  • セミナーシリーズ一覧
  • 過去開催されたイベント
  • セミナー&イベントレポート

クラブヒルサイドサロン

クラブヒルサイドサロンはクラブヒルサイド会員のためのスペースです。交流と活動の場としてご利用ください。

詳細を見る

ヒルサイドライブラリー

ヒルサイドライブラリーは、クラブヒルサイド会員のための私設図書室です。各界で活躍する“目利き”が選んだ蔵書が収められた美しい空間で、思い思いの時間をお過ごしいただけます。

詳細を見る

100人の目利き

ヒルサイドライブラリーの “目利き”たちは、文学、美術、建築、まちづくり、デザイン、思想、科学、経済、ジャーナリズム、音楽、ファッション等、さまざまな分野の第一線で活躍されています。

詳細を見る

メールマガジン

クラブヒルサイド主催のセミナーやイベントの他、ヒルサイドテラスの展覧会やコンサート、イベントなど、最新情報をお届けいたします。

詳細を見る

ページの先頭へ

twitter