セミナー詳細

読書会「少女は本を読んで大人になる」 エミリー・ブロンテ『嵐が丘』 ゲスト:鴻巣友季子(翻訳家)

人は本を読んで未知の世界を知る――新しい経験への扉を開く、かつて読んだ本、読みそこなってしまった本、いつかは読みたい本。少女が大人になる過程で読んでほしい古典的名作を、多彩なゲストと共に読むシリーズ、今回はエミリー・ブロンテの『嵐が丘』を取り上げます。

サマセット・モームが「世界10大小説」のひとつに選び、世界の名監督たちが幾度となく映画化してきた古典的名作『嵐が丘』(1847年)。イギリス・ヨークシャーの荒涼とした<嵐が丘>を舞台とした、孤児・ヒースクリフとキャサリンをめぐる、壮絶な愛と復讐の物語は、150年以上を経てなお、世界中の読者の心をとらえ、多くの作家やクリエイターにとって創造の源泉であり続けています。時代と共に新しさを増す、この小説のとてつもない魅力とは何なのか――。本作の新訳を手掛け、文芸評論家としてもご活躍されている鴻巣友季子さんにたっぷりとお話しいただきます。

取り上げる本:エミリー・ブロンテ『嵐が丘』(新潮文庫他)

鴻巣友季子 プロフィール
東京生まれ。翻訳家・エッセイスト・文芸評論家。お茶の水女子大学大学院在籍中の1987年より翻訳を始める。2000年にノーベル文学賞作家J.M.クッツェーの『恥辱』を訳し、2003年には『嵐が丘』を新訳。他の訳書に。トマス・H・クック『緋色の記憶』、マーガレット・アトウッド『昏き目の暗殺者』、ヴァージニア・ウルフ『灯台へ』など多数。著書に『明治大正翻訳ワンダーランド』、『全身翻訳家』、『孕むことば』、『カーヴの隅の本棚』、『熟成する物語たち』、『翻訳教室』など。現在は『風と共に去りぬ』の翻訳に取り組んでいる。
  • 出演

    鴻巣友季子(翻訳家)

  • 日時

    2014年4月30日(水) 19:00-21:00 ※終了しました

  • 会場

    クラブヒルサイドサロン(ヒルサイドテラスアネックスB棟2F)

  • 定員

    30名

  • 会費

    一般3,500円 クラブヒルサイド会員/学生2,500円(事前振込)
    ※ミニサンドウィッチ、紅茶付

  • メール予約

    氏名、連絡先、参加人数を明記の上、「4/30読書会参加希望」の件名でE-MAILを送信してください。折り返し、予約確認メールをお送りいたします。(要予約)

  • 持ち物

    取り上げる本、エミリー・ブロンテ『嵐が丘』(新潮文庫他)、筆記用具
    *本の持参は必須ではありません。

  • 共催

    スティルウォーター

  • 協力

    代官山蔦屋書店

予約・お問い合わせ

  • クラブヒルサイド事務局
  • TEL: 03-5489-1267
  • FAX: 03-5489-1269
  • E-MAIL : info@clubhillside.jp
  • 営業時間:13:00-21:00 月曜休

関連セミナー

イベント

  • セミナー&イベント一覧
  • セミナーシリーズ一覧
  • 過去開催されたイベント
  • セミナー&イベントレポート

クラブヒルサイドサロン

クラブヒルサイドサロンはクラブヒルサイド会員のためのスペースです。交流と活動の場としてご利用ください。

詳細を見る

ヒルサイドライブラリー

ヒルサイドライブラリーは、クラブヒルサイド会員のための私設図書室です。各界で活躍する“目利き”が選んだ蔵書が収められた美しい空間で、思い思いの時間をお過ごしいただけます。

詳細を見る

100人の目利き

ヒルサイドライブラリーの “目利き”たちは、文学、美術、建築、まちづくり、デザイン、思想、科学、経済、ジャーナリズム、音楽、ファッション等、さまざまな分野の第一線で活躍されています。

詳細を見る

メールマガジン

クラブヒルサイド主催のセミナーやイベントの他、ヒルサイドテラスの展覧会やコンサート、イベントなど、最新情報をお届けいたします。

詳細を見る

ページの先頭へ

twitter