セミナー詳細

読書会「少女は本を読んで大人になる」 尾崎翠『第七官界彷徨』 ゲスト:角田光代(小説家)


photo by 三原久明

人は本を読んで未知の世界を知る――新しい経験への扉を開く、かつて読んだ本、読みそこなってしまった本、いつかは読みたい本。少女が大人になる過程で読んでほしい古典的名作を、多彩なゲストと共に読むシリーズ、今回は尾崎翠の『第七官界彷徨』を取り上げます。

太宰治が激賞し、林芙美子が憧れ、花田清輝に「私のミューズ」と言わしめながら、後半生を沈黙のうちに閉じた幻の作家・尾崎翠(1896-1971)。『第七官界彷徨』(1933)は、その死の前後に発掘され、文学関係者に驚嘆をもって迎えられた彼女の代表作です。「人間の第七官にひびくような詩を書く」ことを夢見る少女・小野町子の不思議なものがたりは、今なお多くの読者を魅了し続けています。
現代の少女漫画を彷彿とさせるその作品世界を、「言葉以前のもので構成されるだだっ広い世界」と愛おしむ作家・角田光代さんとともに彷徨いたいと思います。

取り上げる本:尾崎翠『第七官界彷徨』(河出文庫他)

【以下、角田光代さんからのメッセージ】
たくさん本を読まなければならないと焦っていた22、3歳のころに出会った作家が、尾崎翠です。大正の時代に生まれた作家とは思えない作品の新鮮さ、言葉のみずみずしさ、感性の独自性に、いっぺんに魅せられました。たくさん読まなくてもいい、好きなものを見つける読み方をすればいいと、すとんと思ったことを覚えています。

角田光代 プロフィール
1967年神奈川県生れ。早稲田大学第一文学部卒。1990年「幸福な遊戯」で海燕新人文学賞を受賞しデビュー。1996年『まどろむ夜のUFO』で野間文芸新人賞、1997年『ぼくはきみのおにいさん』で坪田譲治文学賞、『キッドナップ・ツアー』で1999年に産経児童出版文化賞フジテレビ賞、2000年に路傍の石文学賞、2003年『空中庭園』で婦人公論文芸賞、2005年『対岸の彼女』で直木賞、2006年「ロック母」で川端康成文学賞、2007年『八日目の蝉』で中央公論文芸賞、2011年『ツリーハウス』で伊藤整文学賞、2012年『紙の月』で柴田錬三郎賞、『かなたの子』で泉鏡花文学賞を受賞。そのほかの著書に『くまちゃん』『月と雷』等多数。
  • 出演

    角田光代(小説家)

  • 日時

    2014年3月21日(金) 19:00-21:00 ※終了しました

  • 会場

    クラブヒルサイドサロン(ヒルサイドテラスアネックスB棟2F)

  • 定員

    30名

  • 会費

    一般3,500円 クラブヒルサイド会員/学生2,500円(事前振込)
    ※ミニサンドウィッチ、紅茶付

  • メール予約

    氏名、連絡先、参加人数を明記の上、「3/21読書会参加希望」の件名でE-MAILを送信してください。折り返し、予約確認メールをお送りいたします。(要予約)

  • 持ち物

    取り上げる本、尾崎翠『第七官界彷徨』(河出文庫他)、筆記用具
    *本の持参は必須ではありません。

  • 共催

    スティルウォーター

  • 協力

    代官山蔦屋書店

予約・お問い合わせ

  • クラブヒルサイド事務局
  • TEL: 03-5489-1267
  • FAX: 03-5489-1269
  • E-MAIL : info@clubhillside.jp
  • 営業時間:13:00-21:00 月曜休

関連セミナー

イベント

  • セミナー&イベント一覧
  • セミナーシリーズ一覧
  • 過去開催されたイベント
  • セミナー&イベントレポート

クラブヒルサイドサロン

クラブヒルサイドサロンはクラブヒルサイド会員のためのスペースです。交流と活動の場としてご利用ください。

詳細を見る

ヒルサイドライブラリー

ヒルサイドライブラリーは、クラブヒルサイド会員のための私設図書室です。各界で活躍する“目利き”が選んだ蔵書が収められた美しい空間で、思い思いの時間をお過ごしいただけます。

詳細を見る

100人の目利き

ヒルサイドライブラリーの “目利き”たちは、文学、美術、建築、まちづくり、デザイン、思想、科学、経済、ジャーナリズム、音楽、ファッション等、さまざまな分野の第一線で活躍されています。

詳細を見る

メールマガジン

クラブヒルサイド主催のセミナーやイベントの他、ヒルサイドテラスの展覧会やコンサート、イベントなど、最新情報をお届けいたします。

詳細を見る

ページの先頭へ

twitter