セミナー&イベントレポート詳細

クラブヒルサイド設立5周年イベントが開催されました

2013年5月11日(土)

 2013年5月11日、クラブヒルサイド設立5周年とクラブヒルサイドサロン・オープンを記念したトークショーとパーティーが開催され、クラブヒルサイド会員が一堂に会しました。

 昨秋のヒルサイドライブラリーに続くクラブヒルサイドサロンのオープンで、アネックスB棟は、“クラブヒルサイド棟”に。ここを拠点に様々なアクティヴィティが展開されることになります。

 トークショーでは、まず「これからのコミュニティ空間を考える」と題し、40年以上にわたりヒルサイドテラスの精神的支柱であり続ける建築家・槇文彦さんによるユーモアと親密さにあふれるお話がありました。若い時にグラハム美術財団基金を受けて旅した世界の街角の風景、ヒルサイドテラス初期から今に至る街並み、世界中でつくられてきた自らの建築とコミュニティの関わり、一族代々が過ごす軽井沢の別荘地のコミュニティのあり方など、貴重な写真を見せながらのお話。ところどころにプライベートな写真を織り交ぜ、さりげなくご家族を紹介する槇先生の表情は終始なごやかで、ヒルサイドテラスでなければお伺いできない貴重なお話でした。ご自身が設計された建物が、予想もしなかった使い方をされているのが実に嬉しそうで、ヒルサイドテラスで展開されている様々なアクティビティもそうした目で見ておられることが伝わってきました。クラブヒルサイドもまたそうしたアクティビティを生み出していく場であり続けたいと思いました。

 続く対談は、ヒルサイドテラスの新しい世代を代表する遠山正道さん(スープストックトーキョー代表)と伊藤直樹さん(PARTY代表)による「これからのヒルサイドテラス」。今、ヒルサイドテラスには時代の先端を切り開く新しいクリエーターが続々と集まってきており、そこから新たなコラボレーションも生まれつつあります。お二人は、そうした現状を紹介しながら、なぜ自分たちがヒルサイドテラスを選んだのかを語られました。さらに、こうしたクリエーターたちによるヒルサイドテラスをテーマにした商品開発や、ヒルサイドテラス総合研究所(略して“ヒル研”)の設立など、斬新な提案が続きました。

アートディレクターの北川フラムさんによる乾杯の音頭で幕あけたパーティーは、まさに「世代・ジャンルを超えた」人々が集い、出会い、交流する場となりました。会員同士が知り合い、紹介し合い、新しい人の輪があちこちにでき、そこで新しいアイデアが生まれたり。 アーバンヴィレッジ代官山の宴の時間はゆっくりと過ぎていきました。

イベント

  • セミナー&イベント一覧
  • セミナーシリーズ一覧
  • 過去開催されたイベント
  • セミナー&イベントレポート

クラブヒルサイドサロン

クラブヒルサイドサロンはクラブヒルサイド会員のためのスペースです。交流と活動の場としてご利用ください。

詳細を見る

ヒルサイドライブラリー

ヒルサイドライブラリーは、クラブヒルサイド会員のための私設図書室です。各界で活躍する“目利き”が選んだ蔵書が収められた美しい空間で、思い思いの時間をお過ごしいただけます。

詳細を見る

100人の目利き

ヒルサイドライブラリーの “目利き”たちは、文学、美術、建築、まちづくり、デザイン、思想、科学、経済、ジャーナリズム、音楽、ファッション等、さまざまな分野の第一線で活躍されています。

詳細を見る

メールマガジン

クラブヒルサイド主催のセミナーやイベントの他、ヒルサイドテラスの展覧会やコンサート、イベントなど、最新情報をお届けいたします。

詳細を見る

ページの先頭へ

twitter