セミナー&イベントレポート詳細

人生に大切なことはすべて絵本から教わった レポート 第4回「大編集者マーガレット・マッケルダリー」

2011年11月26日(土) ヒルサイドバンケット

 「調べれば調べるほどに、私がこういう人と付き合ったということが、それこそ“想定外”のように幸せなことだと思っています。」という末盛さんの一声から、今回のセミナーは始まりました。

人生に大切なことはすべて絵本から教わった

 「次回は、ぜひ大編集者マーガレット・マッケルダリーのお話を」と、企画が決まったその直後、突然の訃報。ニューヨークタイムズをはじめとするアメリカのメディアが、「児童文学における一時代の終わり」と彼女の死を報じたその日から9ヶ月以上が経った今、絵本を通して彼女と出会い、一緒に仕事をした末盛さんだからこそ語ることのできるマーガレット・マッケルダリーの姿がそこにありました。

人生に大切なことはすべて絵本から教わった

 大学卒業後、図書館司書となり、そこで得た知識と縁をもとに、児童図書編集者の職を得、数多くの名著を世に送り出していったマッケルダリー。その生涯を通して、第二次世界大戦後に活気を見せたアメリカの児童書出版の歴史や、さらには、当時、児童書の出版事業が世界的な拡がりをもっていたことが見えてきます。
 「子どもの本の仕事は、将来の大人、将来の世界を育てる仕事なのだから、絶対に手抜きはできない」と常々口にしていたというマッケルダリー。

 「“子どもの本とはどういうものであるべきか。子どもにとって、本とはどのようなものであるべきか。”ということについて、頑固といえるまでに考え続けた人」であり、それと同時に、「“児童書の出版は、慈善事業ではない”という認識の上で、出版活動を実践し続けた人」であったと末盛さんは言います。

人生に大切なことはすべて絵本から教わった

 そして、末盛さんと共同出版を手がけた『どうぶつたち』(まどみちお詩 / 皇后美智子さま選・訳 / 安野光雅絵)の制作秘話。この本の出版によって、まどみちおさんがアンデルセン賞を受賞し、さらには、IBBYのインド・ニューデリー大会において、皇后美智子さまのご講演が実現したという、出来事の連鎖と、運命の不思議が語られました。

 数々のエピソードからは、彼女の飾らない魅力的な素顔がのぞきます。「おしゃれで、茶目っ気がある存在の美しいひと」――末盛さんの語るマッケルダリーが、末盛さんの姿に重なる、そんなひとときでもありました。

イベント

  • セミナー&イベント一覧
  • セミナーシリーズ一覧
  • 過去開催されたイベント
  • セミナー&イベントレポート

クラブヒルサイドサロン

クラブヒルサイドサロンはクラブヒルサイド会員のためのスペースです。交流と活動の場としてご利用ください。

詳細を見る

ヒルサイドライブラリー

ヒルサイドライブラリーは、クラブヒルサイド会員のための私設図書室です。各界で活躍する“目利き”が選んだ蔵書が収められた美しい空間で、思い思いの時間をお過ごしいただけます。

詳細を見る

100人の目利き

ヒルサイドライブラリーの “目利き”たちは、文学、美術、建築、まちづくり、デザイン、思想、科学、経済、ジャーナリズム、音楽、ファッション等、さまざまな分野の第一線で活躍されています。

詳細を見る

メールマガジン

クラブヒルサイド主催のセミナーやイベントの他、ヒルサイドテラスの展覧会やコンサート、イベントなど、最新情報をお届けいたします。

詳細を見る

ページの先頭へ

twitter