イベント詳細

MAI クラシックセミナー

Event Category : その他

Mai Takahashi

クラシック音楽に興味があるのだが、何から始めていいのか分からない、という言葉をよく耳にします。
クラシック音楽に少しでも興味が出てきたらチャンスです。その曲や作家のことを知るだけで、難しいと思っていたり、退屈だと思っていたイメージが大きく変わるからです。
もっと気楽にクラシックを楽しみたいと思われたときは、是非、セミナーにお越しください。楽しいエピソードを交えながら分かりやすくレクチャーいたします。

「MAIクラシックセミナー」は、桐朋で4年間クラシック音楽のセミナーを行っているピアニストの高橋舞さんが、講義にピアノ演奏で説明を加えながら進行していきます。
言葉だけでは分かりにくい事も、音として伝えることでより理解しやすくなります。

バロックの時代から近代まで、時代に沿って3つのセクションに分け、各セクションを「2回のレクチャーと1回のコンサート」という形式で行うレクチャー&コンサート講座です。

皆様のご参加をお待ちしております。

プログラム

1回目のオープニングでは、基本的な音楽理論をテーマにしましたが、7月からはいよいよ本講義です。3回で1セットになっており、夏期コースでは、クラシック音楽の源流とも言える「バロック音楽」と、最もクラシック音楽らしい「古典派音楽」を取り上げます。そして秋期コースでは「ロマン派音楽」、冬期コースでは「近代音楽」がテーマです。音楽と社会の繋がりや、音楽と絵画の比較など、様々な面からクラシック音楽を紐解いていきたいと思っています。

これから始まります各コースの内容を、もう少し詳しく知りたいというお声を多く頂戴しましたので、ここに各回のポイントを解説致します。

  • 2013年6月22日オープニングミニ・コンサート&レクチャー ※終了しました
    プログラム:バッハ インヴェンション第1番ハ長調 BWV772他
    ・クラシック音楽を聴こう・楽譜の読み方A・B・Cなど
    夏期コース:「バロック音楽」、「古典派音楽」

  • 2013年7月27日レクチャー ※終了しました
    7月はバロック時代の音楽を取り上げます。バロック時代特有の「組曲」は、元々は踊るための曲を連ねたものでした。また、バッハの最高傑作の1つ「平均律クラヴィーア曲集」を取り上げ、クラシック音楽の形式の1つである「フーガ」を楽曲分析し、どなたにも分かりやすく解説します。

    ・バロックという時代~絵画と音楽
    ・舞曲と組曲 ・平均律クラヴィーア曲集の「フーガ」の構造を見てみよう

  • 2013年8月24日レクチャー ※終了しました
    8月は古典派音楽です。フランス革命が音楽に与えた影響を考えます。スーパースターであるベートーヴェンの生き方に迫ります。そしてクラシック音楽史上長い生命を保った「ソナタ形式」について、徹底的に解説します。

    ・絶対王政からフランス革命へ~音楽に与えた影響を考える
    ・ベートーヴェンという時代精神 ・ソナタ形式とは?

  • 2013年9月28日コンサート ※終了しました
    9月はバロックと古典派の音楽によるコンサートです。バッハのフランス組曲とベートーヴェンのソナタ「テンペスト」を、構造や調性を分析した後に鑑賞して頂きます。「組曲」と「ソナタ」の作曲法の差が一目(耳?)瞭然です。

    プログラム:ベートーヴェン ピアノ・ソナタ「テンペスト」Op31-2 他

    秋期コース:「ロマン派音楽」

  • 2013年11月23日レクチャー(10月26日より変更になりました) ※終了しました
    ロマン派音楽に入ります。まずロマン派の作曲家たちにとっての、越えなくてはならない巨大な壁であったベートーヴェンがどんな存在であったかを考えます。そして歌曲、キャラクター・ピースといった、ロマン派ならではの新しい潮流についても解説します。

    ・ベートーヴェンのあとで~ロマン派の精神 ・歌曲の出現
    ・ロマン派の真髄キャラクターピースとは?
    ・みんなの知り合い作曲家 相関図

  • 2013年12月14日レクチャー(11月23日より変更になりました) ※終了しました
    ロマン派の一つの側面、忘れ去られていたバッハの劇的な復活劇を取り上げます。それは、メンデルスゾーンによって成されました。ロマン派におけるヴィルトゥオーゾ(名人芸を持った巨匠)事情を考えます。ショパンの和声法について、リストという人物についても解説します。

    ・バッハを復活させたメンデルスゾーン ・ヴィルトゥオーゾの時代
    ・ショパンは古典的? ・リストという伝説

  • 2014年1月12日コンサート(12月14日より変更になりました) ※終了しました
    ロマン派の作曲家によるコンサートです。ソプラノの大西恵代さんをゲストにお迎えして、ピアノ曲の他に、歌曲(声楽+ピアノ)も聞いて頂きます。シューベルト、メンデルスゾーン、シューマン、リストの作品を聞き比べて頂きます。
    ※内容が一部変更になりました。
    ※このは回開催時間が13:30-15:30となります。

    プログラム :シューベルト 即興曲Op90より、ショパン バラード第3番他

    冬期コース:「近代音楽」

  • 2014年1月25日レクチャー ※終了しました
    ポスト・ロマン派の時代です。大帝国が崩壊し、ヨーロッパでは各地で民族蜂起が起きます。社会の大きなうねりの中で、国民楽派と呼ばれる作曲家たちが台頭してきます。そして長く続いてきた調性音楽がどのように崩壊していくか、解説します。

    ・帝国の崩壊と民族蜂起・ロシアの音楽状況~国民楽派vsモスクワ楽派
    ・調性音楽崩壊の兆し~ドイツで、ロシアで、フランスで

  • 2014年2月22日レクチャー ※終了しました
    フランスで作曲家たちがどのように調性音楽と決別していったのか、詳しく解説します。そこにはアジアの音楽、日本の音楽も関係していました。印象派の美術と「印象派音楽」を比較します。

    ・調性音楽との決別 ~パリ万博と新しい音楽
    ・「印象派」と「印象派音楽」 ・管弦楽の魔術師ラヴェル

  • 2014年3月21日コンサート ※終了しました
    近代音楽によるコンサートです。帝国の崩壊と共に、音楽先進国以外の国からも大作曲家が輩出されるようになります。この回ではチェコのモラヴィア地方出身のヤナーチェクによるピアノ・ソナタを聞いて頂きます。またドビュッシー、ラヴェルらの作品も取り上げます。

    プログラム:ヤナーチェク ピアノ・ソナタ「1905年10月1日街頭にて」他

※プログラムの内容は変更になる場合もあります。

  • 会場

    ヒルサイドバンケット

  • 時間

    各回 13:30-15:00 ※終了しました

  • 受講費

    ご希望が多かったため、通年の受講以外に3回1セットのシリーズを開始することになりました。

    シーズン別コース料金(オープニングコンサートは受講できません。)
    夏期コース 7,8,9月(3回)  一般16,000円(テキスト代含む) クラブヒルサイド会員14,000円
    秋期コース11,12,1月(3回) 一般16,000円(テキスト代含む) クラブヒルサイド会員14,000円
    冬期コース1,2,3月(3回)  一般16,000円(テキスト代含む) クラブヒルサイド会員14,000円

    個別回受講料 各回5,500円(テキスト代別途300円)

  • 主催

    R&A

  • 共催

    クラブヒルサイド

  • 関連情報

    MAIクラシックセミナーFacebookページ

申込・お問い合わせ

イベント

  • セミナー&イベント一覧
  • セミナーシリーズ一覧
  • 過去開催されたイベント
  • セミナー&イベントレポート

クラブヒルサイドサロン

クラブヒルサイドサロンはクラブヒルサイド会員のためのスペースです。交流と活動の場としてご利用ください。

詳細を見る

ヒルサイドライブラリー

ヒルサイドライブラリーは、クラブヒルサイド会員のための私設図書室です。各界で活躍する“目利き”が選んだ蔵書が収められた美しい空間で、思い思いの時間をお過ごしいただけます。

詳細を見る

100人の目利き

ヒルサイドライブラリーの “目利き”たちは、文学、美術、建築、まちづくり、デザイン、思想、科学、経済、ジャーナリズム、音楽、ファッション等、さまざまな分野の第一線で活躍されています。

詳細を見る

メールマガジン

クラブヒルサイド主催のセミナーやイベントの他、ヒルサイドテラスの展覧会やコンサート、イベントなど、最新情報をお届けいたします。

詳細を見る

ページの先頭へ

twitter